シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーについて

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー

最近になってノンシリコンシャンプーと言う言葉を
耳にすることがあると思います。

 

このノンシリコンシャンプーはどのような点で優れ、
通常のシャンプーとどのような点が異なっているのでしょうか。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの
違いに触れながら詳しく説明していきます。

 

シリコンがシャンプーにもたらす役割とは?

 

シリコンがシャンプーにおいてもたらす効果は
髪の毛のコーティングを行うということです。

 

市販のシャンプーの多くは高級アルコール系となっていますが、
このシャンプーにはラウレス硫酸と呼ばれる洗浄成分が含まれています。

 

このラウレス硫酸は非常に高い洗浄力を誇る一方で、
髪の毛が指に絡まりやすくなるという欠点を持っています。

 

これを解消してくれるのがシリコンで、
さらに仕上がりを艶やかにしてくれるので非常に重宝されています。

 

なぜノンシリコンが注目されているのか?

 

ノンシリコンシャンプーが注目される理由は、
シリコンが少なからず悪影響を及ぼす可能性を秘めているためです。

 

シリコンのメリットをここまで説明してきましたが、
当然デメリットもあるのです。

 

シリコンが悪いと言われる要因として、シリコンが
毛穴を詰まらせるということが挙げられます。

 

しかし、毛穴を詰まらせる成分は
何もシリコンだけではありません。

 

どんなに良い成分であっても洗い残しがあれば、
それは汚れになってしまうのです。

 

つまり、シリコンが全て悪いというわけではなく、
あくまで他の成分と同様に
毛穴を詰まらせる可能性があるにとどまります。

 

またシリコンそのものが人体に悪影響を及ぼすという話も
耳にしますが、こちらは医学的根拠が示されていないため、
現状では何とも言えません。

 

どうしても肌への影響を懸念している方は、
アミノ酸系のシャンプーを選択すると良いと思います。