カラーリングのアフターケア

カラーリング、その後のケア

カラーリングを行った後の髪の毛はダメージを
受けている可能性が高く、その後のケアには
十分注意する必要があります。

 

紫外線による刺激には要注意

 

カラーリングを行った髪の毛は非常に敏感な状態となっており、
少しの刺激であっても髪の毛に大きなダメージを
与える可能性があります。

 

特に日光などの紫外線をカラーリング後にたくさん浴びてしまうと
色持ちにも大きな影響を与えますので、
あてないように注意してください。

 

同じようにドライヤーなどの熱にも気を遣う必要があります。

 

最低でもカラーリング後から3日間は
紫外線や熱による刺激から身を守ることが大切になります。

 

カラーリング後のシャンプーは厳禁

 

カラーリング直後の髪の毛は
まだ完全にカラーが定着していません。

 

そのため、カラーリング直後のシャンプーは厳禁となります。

 

最低でもカラーリング後24時間以内のシャンプーは
控えるようにしましょう。

 

最近のカラーリング剤はトリートメントの効果も含まれており、
24時間シャンプーをしなくても髪の毛が傷むということはありません。

 

3日経過したらトリートメントでケア

 

髪の毛のケアに関しては3日以上経過したら
トリートメントでケアするようにしましょう。

 

近年のヘアカラーは髪の毛に優しいものとなっていますが、
それでも髪の毛に少なからずダメージを与えるものと認識しなければなりません。